ご回答


■いいえ、ねずみ講ではありません。また法律に違反したものではありません。
■さらに、法律に違反していなければOK、とも考えていません。
■あくまで、法律は最低限の社会的なルールですから、最低限ということで、多くの人々の賛同を得られるはずはありません。
■クーポンズの仕組みは、「紹介制度」です。一方、マルチ商法は、「販売制度」です。
■紹介制度は、人が人を紹介していくもので、販売制度は、人が人を紹介して「販売」を行っていく制度です。
■単なる紹介制度は、金品の移動はありませんが、販売制度は金品が移動いたします。
■このことから、経済的な損失や人間関係の亀裂といったことが発生する場合があるのです。
■他にもさまざまな点において異なり、最も重要な違いは、その立場の違いだと思われます。
■紹介は消費者という立場ですが、販売は、事業者という立場です。
■悪質なマルチ商法は、ある意味で「消費者の仮面をかぶった、事業者」といえます。
■それが、もし、友人の場合には、「友人の仮面をかぶった、事業者」となります。
■多くの人が困惑する点は、この点ではないでしょうか?

Q&A
トップ


- Coupons -